永久脱毛でわきがのニオイがなくなるって本当?

 

永久脱毛とわきがのニオイの関係

わきがだけど、わき毛を永久脱毛すると、どんな影響があるか心配・・・

 

「永久脱毛するとわきがのニオイがなくなる」

 

「永久脱毛したらニオイがひどくなった」

 


このように真逆の意見があります。

 

一体どちらが正しいのでしょうか?高いお金を払って、永久脱毛してわきがのニオイが悪化したら、目も当てられせん。

 

先に結論からいうと、わき毛を永久脱毛しても、わきがは治りません。ただし、わき毛がなくなることによって、わきがのニオイを軽減する効果は期待できます。

 

わき毛がわきがのニオイを悪化させる原因

わき毛を剃ってわきを清潔に保つことは、わきがケアの基本中の基本になります。

 

わさわさ状態のわき毛を放置しておくと、わきがのニオイを悪化させる原因になります。

 

そんな恐ろしいことが起こるのは・・・

 

わき毛はわきがのニオイを拡散させる

わき毛にはニオイをため込み、遠くへ飛ばす働きがあります。

 

わきがのニオイの原因になるのは、アクポリン汗腺から出た汗です。この汗はわき毛を伝って分泌し、皮膚にいる細菌に分解されてニオイを発生させます。

 

もともとアクポリン汗腺は、フェロモンを出す役割を担い、わき毛はフェロモンをため込み、遠くへ拡散させ、異性を惹きつけていました。

 

要するに、わき毛とアクポリン汗腺は切っても切れない関係なのです。そのため、わき毛を処理することは、わきがのニオイの拡散を防ぐのに有効な手段ということになります。

 

わき毛は雑菌の繁殖を助ける

わき毛が生えていると、脇が蒸れやすく、ニオイの原因となる常在菌の温床になってしまいます。

 

ですから、わき毛をきちんと処理することはわきがのニオイ軽減には有効なのです。さらに、わきがクリームを塗れば、わきがのニオイをより効果的に抑えることができます。

 

その際に、邪魔になるわき毛がない方が、ムラなくわきがクリームを塗ることができて、効果をより発揮させることができます。

 

永久脱毛がわきがにもたらすメリット・デメリット

永久脱毛のメリット

  • わきがのニオイを軽減する効果が期待できる
  • わき毛がなくなると、雑菌の繁殖を抑えることができる
  • わきを清潔に保ちやすくなる
  • わきがケアをしやすくなる

永久脱毛のデメリット

  • 施術に高額の費用がかかる
  • 施術に痛みが伴う
  • わきがのレベルによっては効果が期待できない

 

永久脱毛には、エステ脱毛と病院脱毛によって違いがあります。

  エステ 病院
痛み 少ない 伴う
回数(一般的な) 10回 5回
費用 病院より安い 高額

 

エステも病院もレーザーによる施術を行いますが、違いはレーザーの出力の強さです。

 

エステは、光フラッシュや光脱毛といい、弱めのレーザーで施術が行うために、痛みは少ないのですが、効果が弱く、来店回数が多くなります。

 

病院の医療レーザーは、エステと比べて出力が強く、効果が圧倒的に高いために、通う回数が少なくて済みますが、痛みを伴い、費用もエステと比べるとこうがくになるデメリットがあります。

 

実は、医療レーザー脱毛は医師の管理の下でしか使うことができないために、エステでは出力を弱めたレーザーでの施術しかできません。

 

私は、医療レーザーでの永久脱毛の経験があります。

 

痛みは、脱毛する部位によって全然違います。はっきり言って、脇は痛かったです。夏に5回目の施術を受けた時には、今まで感じたことがないくらいの痛みで泣きそうになりました。

 

5回でほぼ脱毛できたこともあって、ここで通うのをやめてしまうくらい痛かったです。(一応、ほぼ脱毛はできました)

 

でも、足や腕は全然痛みを感じませんでした。

 

この痛みの感じ方には個人差があるようなので、もし医療レーザーでの永久脱毛を検討中の方は、いきなり高額の脱毛プランを組む前に、一度体験でお試しすることをおすすめします。

 

ここで1点、知っておいてほしいことがあります

 

わきがの手術と永久脱毛についてです。

 

わきがの手術を受けてしまうと、永久脱毛は受けられなくなります。なぜなら、脇に傷跡があると、永久脱毛はできないのです。

 

ただし、わきがの手術をすると、わき毛は生えてこなくなるそうです。アクポリン汗腺を取り除く時に、毛根も切ってしまうためです。でも、アクポリン汗腺を取り残している場合には、術後に生えてくる人もいるそうです。

 

手術後にわき毛が生えてきても、永久脱毛はできません。もし手術を検討しているなら、お医者さんに相談して、よく考えた上で決めた方がいいでしょう。

 

最後にもう1回まとめると

  1. 永久脱毛でわきがは治らない
  2. わきがのニオイ軽減には効果が期待できる

    →永久脱毛でわき毛がなくなる→脇を清潔に保ちやすい→わきがクリームの効果を発揮しやすい状態になる

 

永久脱毛ではなく、自己処理でわき毛を処理する人が多いと思いますが、やり方次第では、わきがを悪化させる可能性もあります!

 

わきがの人が避けるべきわき毛の処理方法

わき毛の自己処理には、大きく3つの方法があります。

  1. わき毛を抜く
  2. わき毛を剃る
  3. 除毛クリームを使う

この3つの方法の中で、いちばん避けるべきは「わき毛を抜く」ことです。

 

わき毛を抜くデメリット

わきがが悪化する

わき毛を抜き続けると、アクポリン汗腺が刺激されて、わきが臭が悪化します。

 

1〜2回では悪化しませんが、抜き続けていると、ニオイがひどくなる可能性があります。

 

わきの下が汚くなる

わき毛を抜く時って痛いですよね。元気な毛を無理やり引っこ抜いているのですから、当然毛穴によくありません。

 

毛穴が炎症を起こし、さらに黒ずみ&ブツブツで汚くなります。

 

わき毛を抜くとわきがになる?

わきがは生まれつきの体質なので、もともとわきがでない人が、わき毛を抜き続けることによって、わきがになることはありません。

 

わき毛を抜き始めてから急にわきがのニオイを感じるようになった人は、軽度のわきがでニオイを感じなかったのが、毛抜きでアクポリン汗腺が刺激され、わきがのニオイが悪化した可能性が考えられます。

 

このようにわき毛の処理は抜かずに、剃ったり、除毛クリームを使った方がいいのですが、この方法にもデメリットはあります。

 

わき毛を剃るデメリット

カミソリは、手軽で簡単、刺激が少ないという点でも、抜くよりは良いのですが、デメリットも少なからずあります。

 

カミソリでわき毛を剃ると、同時に皮膚も少しづつ削られます。

 

長い間剃り続けると、皮膚がダメージを受け、さまざまなトラブルを招く恐れがあります。例えば、色素沈着(黒ずみ)、埋没毛によるポツポツ、毛穴や皮膚が炎症を起こすなどが挙げられます。

 

剃る場合には、カミソリではなく、電動シェーバーで肌を傷つけないように優しく処理することをオススメします。

 

わき毛を除毛クリームで処理する

除毛クリームでわき毛を処理する方法は「わきがの人にはオススメ」「わきがが悪化する」と意見が真っ二つに割れています。

 

どっちが本当なの?ということで調べてみましたが、正直言ってわかりませんでした。

 

個人的な体験談をお話できればいいのですが、肌が弱く、除毛クリームを使えないために、先ほどお話しした通り、私は医療レーザーで永久脱毛をしています。

 

でも、5回目で耐えがたいほどの痛みも経験しています。肌が弱い人にとって、医療レーザ−脱毛は刺激が強いという可能性もあります。

 

でも、わきが体質の人にとってわき毛の処理は必須です。

  • わきがのニオイが軽減する

    (※個人差はあります)

  • わきがクリームでケアしやすくなる

この2つのメリットがあります。

 

ただし、どの処理方法を選ぶかは、その人次第ですが、「わき毛を抜く」のだけはやめましょう。

 

もっともオススメなのは、エステや病院で適切な施術を受けることです。

 

わきがケアの基本は、わきの下を常に清潔の保つこと!

 

その上で、わきが専用のクリームでケアをすれば、わきがの悩みが軽減するはずです。

 

>>オススメわきがクリームはこちら

page top